ESTA Electronic System for Travel Authorization


ESTA 申請

HOME  >  ESTA 申請

STEP A. 事前同意

  • STEP A. 事前同意
  • STEP B. 申請書提出
  • STEP C. 決済及び申請完了
  • STEP D. 結果確認
- ESTAを申請するために以下の内容に同意をすれば進行が可能です。
- 内容を確認後、同意したら次へ進行してください。

:: 事前同意

旅行許可電子システムのサイトで掲示する次の内容について同意しますか?

旅行の承認のための電子システムは、法律執行のデータベースを調査します。 ビザ免除プログラムに基づいて、米国に入国しようとするすべての旅行者らは飛行機搭乗前に本システムを通じて電子旅行許可を受けなければなりません。
電子旅行許可申請が承認されれば、旅行する資格を保有することになるが、これがビザ免除プログラムを通じて米国に入国できるという意味ではありません。 米国に到着すると、あなたは入国場で米国税関及び国境保護局職員によって検査を受けた後、ビザ免除プログラムあるいは米国法の他の理由に従って入国可否が決まるものです。
の電子渡航認証システムで非適格の判定が下されても、米国旅行のためのビザ申請が不可能なわけではありません。
貴下または貴下を代わりにして指定した第3者が提供した情報がすべて真実であり、事実でなければなりません。 電子旅行許可は、新しい情報が資格の可否に影響を及ぼすなど、いかなる理由であれ、いつでも無効化することができます。 貴下あるいは貴下の代理人が提出した電子旅行許可申請に故意や意図的にうそ、偽造または詐欺性の供述や表現がある場合には、行政および刑事上処罰を受けることになります。

警告:入国港でCBP職員がビザ免除プログラム(VWP)に従って入国を承認した場合、VWPの訪問期間中には非認可された雇用受け入れや入学、または外国の情報メディアを代表することができないです。 移民国籍法の245(c)(4)が該当する場合を除いた1)非移民者の身分の変更、2)の滞在延長、または3)の臨時または永久居住民への身分調整申請が不可能です。 この条件を違反する場合、国外追放対象になります。

本サイトの個人情報取扱方針および利用規約について同意しますか?

=== 個人情報の保護政策 === (OPENPAY LIMITED) は常にお客様個人及び企業情報の正確性、機密性及び保安を維持する為最善を尽くします。こちらでは顧客情報の使用目的について個人情報の保護原則をご案内します。
(OPENPAY LIMITED) は第三の組織及び機関に顧客情報を配布及び販売いたしません。 責任 (OPENPAY LIMITED) の制御において顧客情報を維持及び保護する責任がございます。
個人情報の保管等 E-VISA申請のため顧客の同意をもと提供された情報は顧客の要請により削除することができます。
決済が済んでいない個人情報に関しては7日以内に完全に削除され、esta-japan.orgではどの顧客情報でも一切保管されません。決済が済んだ個人情報に関しては決済確認のためサーバーで1ヶ月間保管され、その後6ヶ月は別途のサーバーで管理されます。
6ヶ月が過ぎた時点で顧客情報は完全に削除され、どの顧客情報でも esta-japan.org では一切保管されません。
迷惑メール esta-japan.orgはお客様に迷惑メールを送信しません。
またメールでお客様のクレジットカード情報及び銀行情報等を要求することはありません。
弊社はお客様の個人情報を保護し、そのような情報を得る為のことはしませんのでご参考ください。
情報保護 顧客の情報をセーブする esta-japan.orgのサーバーは香港にあり、顧客の情報は安全に管理され、顧客の要求により永久に削除することができます。決済後すべての顧客情報は(*)のようにマスキング処理され、だれも確認することはできません。 esta-japan.orgのサーバーは安全な保護及び安全なセーブのため専門サーバーを管理する業者から保安システム、ファイアーウォール及びパスワードで管理されます。
目的の特定 顧客の情報が収集される前もしくは収集され次第情報収集の目的をお知らせします。
同意 保冷に基づく場合もしくは法律的に必要とされる場合を除いた場面において、顧客の情報の収集、利用、公開可否を顧客に知らせ、同意を得なければなりません。
制限された取得 取得される顧客情報は適法かつ公正な手段により収集されるべきであり、(OPENPAY LIMITED)により必要な詳細事項に限ります。
利用、公開及び保有の制限 顧客情報は法的機関、法令などによって開示を命じられた場合、顧客の承諾なしに使用される場合があります。顧客情報は目的の達成に必要な間は維持されます。
正確性 目的を達成するため顧客の情報は正確かつ完全なる最新な情報で維持されます。
顧客情報の保護 顧客情報は情報のレベルに合う適切な保安保護により保護されます。
開放状態 (OPENPAY LIMITED)は顧客情報の管理に適用される政策事項を確認できるようにします。
顧客の接近性 要請があった場合、顧客は自分の情報の存在、使用及び公開可否を提供するべきであり、それに対する接近権限が付与されます。顧客は自分の情報の正確性と完全性を確認することが出来、修正が必要な場合は修正を要請することができます。
顧客の提案及び苦情管理 顧客は個人情報の保護に対する責任を指定された人(達)に(OPENPAY LIMITED)が上記した個人情報の保護政策及びルールに対し質問をすることができます。
情報及びメールの受信拒否は(support@esta-japan.org)までお願い致します。


=== 利用規約 === esta-japan.orgはESTA(Electronic System for Travel Authorization)申請代行するサービスを提供するウェブサイトです。
本サービスを利用した場合に、本規約の適用を受けることについて承諾したものとみなします。
第1条(規約の目的) 下記の規約はOPENPAY LIMITED.(以下の会社)が esta-japan.org (以下の"代行サイト"で
接続した方のアメリカのESTA(Electronic System Travel Authorisation) の申請による利用条件及び手続き、
権利及び責任を規定するためです。または、本サービスを利用した場合に、本規約の適用を受けることについて承諾したものとみなします。
第2条(規約の範囲及び変更のこと) 1.弊社のウェブサイトがサイト利用上、申請者にご案内する規定はこの規約の一部を構成することで
ユーザーはこの規約に同意した上で申請代行サービスが利用されます。
2.弊社のウェブサイトがサイト利用でユーザーに提供しているサービスの利用上の決定も、本規約の一部としてすることし、本規約の適用を受けることについて承諾した時点から資格を与えて、この規約を許可させることとします。
3.弊社のウェブサイトがサイトはユーザーの承諾なしに変更出来ることについて、ユーザーは同意したとします。
第3条(本サイトからの通知) 1.前条以外の場合に弊社が必要だと判断する時、本ウェブサイトは申請者について必要な事項は通知が可能です。
2.前項の通知は本サービス上に表紙されている時点から申請者の全員に通知したものとみなされます。
第4条(サービスの提供時間) 1. 弊社のサービスの提供時間は原則的で一日24時間とします。
ただ、定期点検及びその以外の理由によってサービスを事前通知することなく、一時中止される場合もあります。
第5条(ユーザー) 1.ユーザーというのは esta-japan.org からESTA申請代行をするため登録を申請してこの規約に同意させていただいた申請者のことです。
第6条(ユーザーの個人情報) 1. esta-japan.org サービスを利用する場合、申請者のお名前(英文)、生年月日、性別、連絡先、Eメール、
パスポートの情報(パスポートの番号、パスポートの発行日、パスポートの有効期間、パスポートの発行日)居住国、伝染病可否、諜報活動など、反国家的な行為、
アメリカ国内就職予定可否、アメリカの市民権児童虐待の可否、アメリカ入国拒否、または取消しのことなどのサービスの利用状態はこのウェブサイトがサイトのデータベースに個人情報が登録となります。
2. esta-japan.org は登録された情報を個人情報として管理し、次の該当項目に以外は第3者には非公開とします。
(1)ユーザーの同意があった場合
(2)法律などによる要求
(3)個人区別が出来ない状態になった場合
(4)システムの補修、運営の管理などの業務に必要があると弊社が判断した場合
(5) esta-japan.org の企画、運営に必要があると弊社が判断した場合
第7条(登録の承認) 1.弊社は申請者の規約同意を受け入れてからユーザーの登録が承認されて、本規約に根拠するユーザーの契約が成立します。
第8条(登録の不承認及び承認の取消し) 1.弊社は、前条の審査の結果、登録申請をした申請者が以下の項目に該当することをご存じしました場合、
その申請者の登録は承認が出来ない場合もあります。
(1)登録申請時の記載事項に虚偽記載、誤記または記入漏れがあった場合
(2)登録の申請者が本サイトの所定の手続きの通り登録申請を実施しない場合
(3)登録申請をした申請者の存在がない場合
(4)その他のこのサイトがユーザーとして不適当だと判断した場合
2.弊社は承認されたユーザーも上記のことに該当だと判断した場合、ユーザーの承認は取消しし、
申請情報も削除します。
第9条(情報の利用禁止) 1.ユーザーは弊社が承認をした場合(該当の情報に関して権利を持っている第3者がいる場合には
本ウェブサイトを通じて該当の第3者の承認を取得出来ることも含んでいます。)の以外は本サービスを通じて
入手したある情報に関してコピー、転載、販売、出版、その他、営利、私的の目的には一切行っておりません。
第10条(サービスの内容について) 1.本サービスの内容については弊社が別に決めます。
2.本サービスの提供の条件及び運用方法については esta-japan.org が別に決めます。
3.弊社はユーザーにあらかじめ通知あるいは承諾なしに本サービスの内容、提供条件または運用方法の全部
あるいは一部の変更、追加、中止もできます。ユーザーは上記のことに承諾したものとみなします。
第11条(情報などの削除) 1.ユーザーが本サービスに登録した情報あるいは文章、メールなどを弊社がサービス管理期間が過ぎた場合、
このウェブサイトはユーザーにあらかじめ通知することなく、除きまして個人情報は保管しません。
2.ユーザーの情報は二つで区別します。
*申請サービスの決済した場合:6ヶ月内にお客様の申請情報を別の所のデータベースに貯蔵します。
申請サービスを利用してから1ヶ月が過ぎてしまったら自動に別の所のデータベースに貯蔵しますが、
このウェブサイトには削除されます。
*申請サービスの決済が済んでない場合:申請日の時点から10日が経ちましたら、
自動に除きますのでユーザーの情報はこのウェブサイトに残っておりません。
第12条(サービス申請の結果に対する免責) 1.弊社は申請者の情報を代行しているだけの申請の結果についてはアメリカの政府の権限ですので申請結果については
責任は負いません。
2.申請者が本ウェブサイトに提供した情報が間違えた部分、誤謬を犯したことについても弊社は責任は負いません。
第13条(サービスの一時的な打ち切り) 1.弊社は以下のことが生じした場合にはユーザーにあらじめ通知することなく、本サービスは一時打ち切りの場合があります。
(1)サービスのシステムの定期的な補修のため、または緊急事項が実施が行った場合
(2)火事、停電などにより提供が出来なくなった場合
(3)地震、噴火、洪水、津波などの天地地変により提供が出来なくなった場合
(4)戦争、戦乱、暴動、騒乱、労働争議などにより提供が出来なくなった場合
(5)その他、運用または技術上の本ウェブサイトが本サービスの一時的な打ち切りの遅延の必要があると弊社が判断した場合。
2.弊社は上記の以外の理由による本サービスの提供の遅延または打ち切りなどが生じしても
弊社はユーザーまたは他の第三者には責任は負いません。
第14条 1.ユーザーは本サービスの利用にあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。
(1)ユーザーもしくは第三者、ウェブサイトの著作権、その以外の知的所有権を侵害する行為、
又は侵害する恐れのある行為。
(2)ユーザーもしくは第三者、ウェブサイトの財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、
又は侵害する恐れのある行為。
(3)ユーザーもしくは第三者、ウェブサイトを誹謗中傷する恐れのある行為。
(4)有害なコンピューターのプログラムなどの送信または使う行為。
(5)第三者に不利益与える行為。
(6)本サービスを利用して利益をとる行為。
(7)美風良俗に反する行為。
(8)犯罪的な行為に結合される行為。
(9)その以外、法令に反する行為。
2.ユーザーが本サービスの利用するとき、第三者に対して、損害を与えた場合、そのユーザーは自分の費用、責任を負います。
本ウェブサイトには被害を与えてはいけなせん。
3.弊社は本サービスの利用する時に発生するユーザーの損害には責任は負いませんので損害賠償する義務はありません。
4.ユーザーが規約を違反して、 esta-japan.org に損害を与えた場合に本ウェブサイトはそのユーザーの損害には責任は負いませんので
損害賠償する義務はありません。
第15条(変更及び誤謬の届け) 1.ユーザーはESTA申請代行に誤りの情報を esta-japan.org に提供した場合変更申請ができます。
ただ、変更申請はESTA申請が完了になる前まで可能ですがESTA申請が完了した後( esta-japan.org に表示)からは変更申請が
出来ません。
2.上記の申告がない時、ESTA申請が完了した後の申請変更によるユーザーの不利益があった場合は
本ウェブサイトは責任は負いません。
第16条(除名処分など) 1.ユーザーが次の各号のいずれかに該当する場合は esta-japan.org は該当するユーザーにあらかじめ通知することなく、
または催告なし、除名処分、またはIDの使用が一時停止、資格が剥奪となります。
(1)登録時、虚偽の申請をした場合
(2)IDまたはパスワードを不正に使用した場合
(3)本規約の運用を妨害した場合
(4)本サービスの条項の中ことを違反した場合
(5)その他、本ウェブサイトがユーザーとして不適当だと判断した場合。
2.ユーザーが上記の各号に該当して esta-japan.org が損害こうむった場合本サイトの除名処分、
またはIDの使用の一時停止の有無関係なし、本サイトが損害をこうむった部分には損害賠償の請求することができます。
第17条(退会) 1.ユーザーは退会を希望する場合、迅速に esta-japan.org に表示されます。
退会を要求した場合 esta-japan.org のメールを通じて退会申し込みことができます。
2.退会申し込みが業務処理の申請の意味ではありません。
申請の取消しは常にできます。ただ、申請の取消しは業務処理が成り立つ前まで出来ますが、業務処理が終わった後からは申請の取消しはできません。申請代行の手数料も払い戻しは出来ません。
業務処理の申請取消しをする場合には esta-japan.org の取消しのシステムを利用してください。
*業務処理完了というのは、申請者のESTA登録を完了してESTAの承認、補修、拒絶
このみっつで区別となって esta-japan.org に登録するものとします。
第18条(本サービスの提供の中止) 1. esta-japan.org は1ヶ月の前触れの期間からユーザーに通知した上で、本サービスの提供を中止することができます。
2.前項の通知は esta-japan.org 上で1ヶ月間、表示された時点から全員のユーザーが承諾したものとみなされます。
3. esta-japan.org は本サービスの提供の中止時、前項の手続きを踏んでからの中止に随伴したユーザーまたは
第三者からの損害賠償の請求することは出来ません。
第19条(ID及びパスワードの管理の責任) 1.ユーザーは弊社に申請して得た承認番号などの使用及び管理について全部の責任を負います。
2.ユーザーは弊社から得たID及びパスワードを第三者に譲渡、貸与または使用することはできません。
3.弊社はユーザーがID及びパスワードを第三者に譲渡、貸与、利用したことによって生じた損害等につきましては、
弊社はいかなる責任も負いません。
ユーザーは自分のIDとパスワードを忘れてしまった時には早速 esta-japan.org に申請したことにして本ウェブサイトの指示に
首肯するものとします。
また、該当のID及びパスワードによって本サービスの利用は該当のユーザーがしたものとみなされます。
第20条(IDの一時停止など) 1.弊社に対して緊急性が高いと判断した場合、該当のユーザーの承諾なし、該当IDを使用停止をされまして、
ユーザーはあらかじめこの趣意のことに承諾するものとします。
2 .弊社が前項の措置をした理由で該当のユーザーが本サービスを使えなくて、これによった損害が生じた場合弊社は
いかなる責任も負いません。
第21条(管轄裁判所) 1.ユーザーと弊社の間に訴訟の必要が生じた場合、本店所在地の地方裁判所をユーザーと弊社との所轄裁判所とします。
問い合わせ先
ESTA申請代行 OPENPAY LIMITED.
本利用規約は 2009年 11月25日から施行します。

オプトアウト

私達はE-VISA申請時にのみ、あなたの個人情報を使用するものであり、ビザ申請結果に対する内容を送った時にのみ、あなたのメールを使用します。